Synth1でDonk Bassを作ろう

はじめに

ドンクベース (Donk Bass)といってGarageによく使われるベースの音ってありますよね。これのSerumなどの作り方などがたくさんYouTubeに上がっているのですが、実はこれはプリセットを利用しなくてもSynth1で1分以内で作れます。この作り方について紹介させていただきます。

作り方

Synth1はOsc1(キャリア)の波形には正弦波を利用できるのですが、Osc2(モジュレータ)の波形には正弦波を使用できないので、変わりに三角波を使用することで似たような音色を作ることができます。

肝心の音作りの方法ですが、基本的にDonk Bassはキャリアの周波数が1に対してモジュレーターを2で変調してあげればシンセサイズできます。

モジュレーションのEGはDecayを短めに描いてあげればおkです。つまりSynth1で言えば、m.env(モジュレーションエンベロープ)のAttackを0にして、Decayをちょっと短めにして、Amountを適度に調整してあげるだけで作れます。

あとはUnisonをオンにしてあげるとステレオになって音に厚みが出ます。お試しあれ。

Unisonについての設定はこんな感じです

――という情報をTwitterにて掲載したところ、すごく需要があったみたいでびっくりしてました。みんな元あるシンセは大事に使ってあげないと駄目ですよ。みんなが買ってるシンセという事実に乗っかって安易に金を出すのは違うと思うんです。まあSerumにしか出せない音っていうのも十分にあるんですが。。。

↓参考にどうぞ!