Odin 2 FXモジュールについて

はじめに

ハイブリッドシンセサイザーOdin 2には、4つのエフェクターが付属していますが、このFXについて解説していきたいと思います。

  • Delay
    無難なディレイ。ベータ版でPing-Pongをオンにしてもステレオにならないのはたぶんバグ。
  • Phaser
    フェーザー。ステージ数の指定ができないのが結構残念。見た感じ12ある。音程に合わせて動いたりしたら結構面白そうだよあと思った。
  • Chorus
    コーラス。結構デジタルっぽいかかり方。ポール数の指定はできない。
  • Flanger
    フランジャー。結構きれいにかかる。ポール数の指定はできないが、ステレオ対応。

知っておくべき知識

エフェクトは左から順番にかかる

これに伴い、エフェクト名をドラッグすることでエフェクトがかかる順番を変更することができます。

ChorusとDelayを並び替えています。

DelayのTimeを弄ってキュインキュインできる

Synth1のディレイみたいで、オートメーションを書いて積極的な音作りができそうです。

FXにもモジュレーションできる

なんと驚くべきことに、FXのパラメーターすべてにコントロールできます。すごいですね。SurgeやSynth1ではできないのです。

モジュレーションに関しての記事は、こちらをお読みください。https://yokkin.com/blog/odin2-modulation.html

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>