sfxr とは?

LMMSに最初から付属しているsfxrという楽器プラグインは、その名の通りsfx(効果音)を手軽に作ることができます。
このプラグインは他の楽器プラグインのように音を奏でることもできます。またChiptuneにあるようなノイズも作れたりします。音作り・打ち込み次第で表情を変えるプラグインです。

今回はこちらのプラグインを使って、Sweepを作っていきたいと思います。ティウンティウンって言って下がってくやつですね(謎)

まず初めに私が作ったものを聞いてみてください。

とてもそれっぽいですよね。

それでは作ってみましょう。以下のスクリーンショットを参考にしてください。赤枠で囲んだ以外は特に触らなくて大丈夫です。

20180908090453.png

一応解説しておくと、

Freq. 内の"START"は音が変化する起点の周波数を設定するノブです。設定した値が高ければ高いほど高い音からスタートします。"SLIDE"は周波数の変わり方を調整するノブで、仕組みを特に理解する必要はないと思います。画像では右側にノブを振っていますが、中央の0にしてもいいと思います。

あとRepeat はシンセサイズした音を2回再び繰り返します。"R. SPD."でこのタイミングを設定します。設定した値が高ければ高いほど間隔は狭くなり、最大の1に設定すると同タイミングに発音され、効果はなくなります。なお間隔はピアノロールで設定したものにより相対的に変化するので、単に外部でディレイをかけるのとは違う効果を得ることができます。

Filter の"LF. C"はローパスフィルターのカットオフ周波数のことです。原音のままだとあまりに角ばった音なので、0.1など低い値に指定するのをお勧めします。

あとはこんな感じにピアノロールを打ち込んでパン振りしてあげたり

 

20180908135336.png

こんな感じにディレイや深めのリバーブを差し込んであげてください。
リバーブはルームサイズをMAXにしてドライゲインをウェットゲインよりも少なめに絞ってあげると音がなめらかになります。

 20180908135808.png

こうして完成品がこちら

閲覧ありがとうございました。

コメント 0

コメントがありません